入学式

入学式や卒業式で着物を増えるお母さん、増えるといいな

入学式シーズンですね。
今日は、長男の高校入学式でした。
 
私の小学校の入学式の集合写真を見ると、お母さんたちのほとんどが和服です。
 洋服と半々くらいかなと思っていたのですが、洋服のお母さんはチラホラ。
 
昭和50年代の日本ですよ。びっくりです。
 
ちなみに、和服姿の人全員が黒羽織を着ていることにも驚きです。これについては、機会があればまた書きます。
 
今、入学式や卒業式で和服のお母さんって、本当に見なくなりました。
 けれども、着付けを習う方の動機として断トツ多いのが「入卒で着たい」というものであることも事実です。
 
入学式に出た方には必ずといっていいほどこの質問をします。
 
「お着物の方はいましたか?」
 
3人でもいれば拍手ものです。
 
みんな洋服だから、着物は目立つし恥ずかしい。そんな風に思う方もいるかもしれません。しかし、着物を着ている人を見る側の気持ちとしてはどうですか?
 
「お着物素敵〜〜!」
 「着物着れるんだ、すご〜い❗!」
 
どうでしょう。否定的に見ていますか?
 
着ているもので人を判断するものではありませんが、確実に、着物はあなたの「格」を上げます!
 
そして、お子さんにも、お母さんが行事の時に着物を着ていた、という記憶を残してあげたら、未来の日本にも貢献出来るのではないかと、私は信じています。
 
時代はどんどん変化していきますが、入卒での和服姿がなくなることはないでしょう。
 
普段着キモノはもちろん楽しいのですが、入卒などの礼装着物も楽しいです。
 
ちょっぴり、自分を演出する機会として着物で「格」を上げてみてください。
 
絶対、楽しいから!

 

(2017.4.10)