着物の季節・・・夏物と単衣

今日は寒いですね(>_<)。台風も近づいていて、雨も降っていてすっかり夏の雰囲気はないですね。
 
一段上のステージへ・・・
あなたの「格」を上げる着付教室
「きものエレガント」大竹智子です。
 
ご訪問ありがとうございます。
初めましての方→まずは、プロフィールをご覧ください
 
♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 
着付け教室のお申し込み随時受付中
 
♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 
着物も過ごしやすい季節に入ってきます。夏きものは涼やかで大好きなのですが、面白いもので、だんだん寒くなってくると、早く夏きものをしまいたくなるものです。
着物には季節があります。この「季節」というのがわかりづらいため、着物を敬遠される方もいるようです。
 
着物の「季節」は制服と一緒!
制服は冬服と夏服に分かれています。10月から5月が冬服。6月から9月が夏服。そして、その衣替え時期の前後2週間くらいが「合服」といって、夏服と冬服の中間服みたいな、どっちでもいいよ的な時期がありませんでした?
着物も全く同じです。
 
冬服=袷(あわせ)の着物
これは、洋服と一緒で、裏地がついている服と思ってください。
夏服=単衣(ひとえ)の着物
単衣とは、布地に裏地がついていない1枚で仕立てているもののことを言います。
この単衣には「冬服の生地を裏地をつけずに仕立てたもの」と、「夏物の生地を仕立てたもの」とがあり、イメージ的には、前者が単衣といって、中間服のようなもの。後者が薄物単衣といって、完全な夏服をいいます。
薄物単衣は、7月と8月に着ます。但し、6月でも真夏日のようなときだったらもう着てもいいと思いますし、9月も残暑厳しいときなどはまだ着ていることもあります。


着物の世界の決まり事は、なぜか皆さん守らなければいけないような気になってしまうようですが、そんなことはありません。フォーマルな場面ならいざ知らず、普通のときにそんなこと思いながら洋服選びませんよね。着物も肩肘張らずに気温に合わせて、気分で着てください。

夏物の季節は、6月から9月と4か月ですが、これを厳密にいうと、
6月は単衣
7,8月は薄物単衣
9月は単衣
となります。が、大体6月の20日あたりから薄物着だしてもいいですし、9月半ば頃まで残暑が厳しかったら、薄物着てもいいです。そこらへんはそんなにがんじがらめにならなくてもいいと思います。


そして、ここが「間違えないように着たい!」と思う人には悩ましいところなのですが、帯・帯揚げ・帯締め・半衿という小物類が少しズレた微妙な動きをします。これら小物も、実は夏バージョンと冬バージョンがあるんですね~。多分、着物を着ない人には全く未知の世界のことではないかと思います。
 
こちらの写真は、盛夏バージョン。

着物:薄物単衣
帯・帯揚げ・帯締め:夏物
 
そしてこちらは、6月中旬以降&9月上旬バージョンとでもいいましょうか。

着物:単衣
帯・帯揚げ・帯締め:夏物
 
写真にはありませんが、半衿はどちらも夏物で絽(ろ)になります。
難しいですね。いいです、気にしなくて(笑)。こういうことを気にして着物を着なくなるより、あまり考えずに楽しく着てくれた方がよっぽどいい、と思っています。
私もいろいろ知ってからは、「間違ったコーディネート」に対して神経をとがらせていた時期がありました。特に、「先生」という立場でしたので、「これは違いますよ」と指摘するのも仕事だったわけです。
もちろん、今でも気にならないと言ったらウソになりますが、前ほどではありません。特に、夏物時期に関しては決まりを守って暑そうにしているより、決まりを外れても涼やかにいる方がいいな、と思っています。
楽しく着物を着ましょうね。