9月になってからの浴衣イベントで私が着たものは?

一段上のステージへ・・・
あなたの「格」を上げる着付教室
「きものエレガント」大竹智子です。

ご訪問ありがとうございます。


初めましての方→まずは、プロフィールをご覧ください

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

すっかり秋めいてきました。夏着物も大好きなのですが、秋は着物でのお出掛けがとても気持ちのいい季節です。
そんな中、土曜日に花火鑑賞会というイベントに行ってきました。浴衣でのご来店サービスというのがあったのですが、さすがに9月になって浴衣というのも・・・ということで、着物と浴衣の折衷なコーディネートで出掛けました。

そもそも着物と浴衣の違いって?

これ、一度は疑問に思ったこと、ありませんか?
実は、着物の仕事をしている人間でも「?」と思うことがあるくらいなのです。

 

着物は絹で、浴衣は綿
大抵の場合はそうかもしれないですが、綿の着物もありますし、絹紅梅という高級な浴衣もあります。

 

着方が違う
これはそうですね。
着物は中に長襦袢というものを着て、その上に着ます。そもそも浴衣は「湯上がり着」だったわけですからいわばパジャマです。ですから、素肌に着るものですね。
また、着物を着たときは、足袋に草履をはきますが、浴衣は素足に下駄です。

 

仕立て方が違う
浴衣は棒衿といい、幅が同じに縫われていますが、着物は広衿といって中に折り込むようにして着ます。

 

さて、先日の花火鑑賞会に戻りましょう。
浴衣を着るのはさすがに抵抗があった私がしたコーディネートは。

夏きもの
広衿で仕立てられているので、浴衣ではなく着物と思ったのですが、柄がとても浴衣っぽいポリの着物。ということでもっぱら私はこれは浴衣として着ていました。
長襦袢
着物として着るには長襦袢がいります。しかし、このようなお遊び着がコンセプトの場合、白い衿ではきちんとしすぎてしまいますよね。ということで、急きょ当日の朝 黒の半衿を縫ったのでした。



帯は半巾帯。お気に入りのランプとトランプの柄の帯で。


足元
素足に下駄が浴衣ですが、寒くて足が冷えてしまうので、足袋ソックスに下駄という出で立ち。このソックス、兎とお月さまが描かれていて 何とも秋っぽいではないか!


ということで普段しないような恰好ですが、これが普段着着物の楽しいところです!
着物はフォーマルだけではないですよ~。普通に楽しめますから、一度袖を通してくださいね。

 

着方の相談にものりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

きものエレガントHP
https://www.kimonoelegant.com
きものエレガント海外HP
https://kaigaihunin.jimdo.com

 

>>お申込み・お問い合わせフォームはこちら
>>生徒さんの声はこちら